これって果物?これって野菜?そのフルーツ区別できますか?

これって果物?これって野菜?そのフルーツ区別できますか? フルーツ大好き!

これって果物?これって野菜?そのフルーツ区別できますか?


フルーツブログをご覧いただきありがとうございます!


フルーツギフト、フルーツブーケ専門店のプレジールでは、いろんなフルーツを、たくさんの方に食べていただくため日々商品開発を行っております。


そこで今回は、フルーツのことをよく知っていただくために、よく聞かれるフルーツのちょっとした疑問について、調べてみました。




スイカは?イチゴは?トマトは?
フルーツと野菜の意外な分かれ目


簡単な区別の仕方としては木に成り、その実を食べるのが果物(フルーツ)。

田畑で栽培されて、根茎葉を食べるのが野菜と言われています。

また、多年生を果物(フルーツ)、一年生が野菜という区別方法もあります。

多年生とは発芽から枯死までに2年以上かかる植物のことで、一年生とは発芽から枯死までが1年で完結する植物のことです。

この定義に従うと、スイカやメロン、イチゴは木には成らず、一年生の植物であるため野菜に区別されます。

しかし実際には果物(フルーツ)として扱われることがほとんどですよね。




トマトは・・・?


実は、とても身近な食材なのに、果物(フルーツ)か野菜かの区別が非常に難しいと言われているものがあります。

それは「トマト」です。

上記の定義に従うと、「多年生の植物である」「実を食べる」という点で果物(フルーツ)であり、「田畑で栽培される」という点では野菜となります。

農林水産省によるとトマトは野菜です。
野菜の中でも「果菜」と言って、果実を食べる野菜に分類されます。

実は100年以上前にトマトが果物(フルーツ)か野菜かを巡って、裁判が行われたことがあるそうです。

「輸入野菜に関税をかける」という法律が提案され、輸入業者はトマトを輸入したいが税金は払いたくはないので、「トマトは果物である」と主張。
最高裁まで論争が続いた結果、トマトは野菜であるという判決が下ったのだそうです。

しかし、海外ではトマトを果物(フルーツ)として扱っている国もあるようです。






いかがでしたか。
普段なんとなく買ったり食べたりしている食材にも、いろいろな区別の仕方があるんですね。

スイカやイチゴはどうしてもフルーツというイメージのほうが強い気がします。

トマトのフルーツブーケはありませんが、スイカやイチゴを使用したフルーツギフト、フルーツブーケは当店で販売しております。

ただいまの時期は、イチゴを使用したフルーツブーケをHPにて販売中です。
スイカなどの夏のフルーツは現在お取扱はありませんが、夏になりましたら、また新しい商品の販売をさせていただく予定です。

もしよろしければ、HPをぜひご覧ください。


フルーツブーケ商品ページ


お問合せは下記のフォームよりお受付しております。
ご要望などぜひお気軽にお問合せくださいませ。
お問合せはこちら(お問い合わせフォーム)



フルーツブーケ専門店プレジール
東京都渋谷区松濤1-25
制作工房: 千葉県千葉市中央区春日2-10-8 ラペール春日2F

フルーツギフト:旬の果物ならフルーツブーケ通販
お誕生日やお祝いのプレゼントにもぴったり!
おしゃれでかわいいフルーツギフト
フルーツブーケ専門店プレジールHP



※野菜と果物(フルーツ)の区別には諸説あります。こちらの記事では一例を紹介しました。