【フルーツ豆知識】意外と知らない?身近なあのフルーツ正しい食べ方

【フルーツ豆知識】意外と知らない?身近なあのフルーツ正しい食べ方 フルーツ大好き!

フルーツ大好きスタッフがフルーツの豆知識をご紹介します


はじめまして。
フルーツブーケ専門店のプレジールです。


こちらのページでは、フルーツブーケ専門店のフルーツ大好きなスタッフが「おもしろい!」と思ったフルーツの豆知識をご紹介します。
担当スタッフもまだまだ勉強中ですが、あっと驚く情報や最新の情報などをご紹介していきたいと思っています。
これまでご紹介したフルーツにまつわる情報は、フルーツブログの「フルーツ大好き!」にまとめています。
ご興味のある方は、ぜひご覧いただけたらうれしいです。


フルーツブログ「フルーツ大好き!」


【フルーツ豆知識】意外と知らない?身近なあのフルーツ正しい食べ方


今日ご紹介したいのは、当店でも人気の「イチゴ」の食べ方についてです。
真っ赤で甘酸っぱくて、とってもおいしいイチゴですが、みなさんはどうやって召し上がっていますか?
よりおいしく食べるポイントをご紹介します。


まず、市販されているイチゴのほとんどは洗う必要がないんです。


イチゴはデリケートなフルーツです。
水で洗うことで栄養分やおいしさが逃げていってしまうというデメリットがあります。
市販されているきれいなイチゴなら、抵抗がなければ洗わずに食べても大丈夫。
汚れなどが気になる場合や、「やっぱり少しは洗いたいわ」という方は、ヘタをつけたまま洗うと、そのデメリットを最小限に抑えられるそうです。


そして食べるときはヘタの方から食べるのがおすすめ。


これはご存じの方も多いかもしれませんが、イチゴは三角形になっている先端のほうがより甘いと言われています。
そのため、先端から食べてしまうと、甘さのあとに酸味を感じることになり、より「すっぱい!」と感じてしまいます。
甘みのすくないヘタの方を先に食べ、その後に甘みの強い先端のほうを食べるのが、イチゴの甘さを楽しむおすすめの食べ方です。


「いやいや、一口でぱくっと食べちゃうよ」という方は、口に入れるときにイチゴの先端が舌に触れるように意識して食べてみてください。
わずかな違いかもしれませんが、甘みを感じやすくなると思います。


でも、なによりもおいしく食べるために1番大事なことは新鮮なうちにすぐに食べること。


当たり前だと思われるかもしれませんが、フルーツはやっぱり鮮度が命。
イチゴ狩りで食べるもぎたてのイチゴはとてもおいしいですよね。
ご自宅では、イチゴを購入されたらできるだけ早く食べましょう。
すぐに食べるのがどうしても難しい場合は、ヘタを取ってから冷凍し、半解凍でシャーベットのように食べたり、ジャムなどに加工したりしてもいいですね。
冷凍するときにお好みでお砂糖をまぶしておくのもおすすめです。




いかがだったでしょうか?
こちらで紹介したイチゴは冬から春にかけておいしいフルーツです。
フルーツブーケ専門店プレジールのHPでも、12月よりイチゴを使用したフルーツギフト、フルーツブーケを販売しております。
ぜひHPもご覧ください。
フルーツブーケ専門店プレジール 商品ページ


そのほかのご質問やお問い合わせは、下記の「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
お客様のHPへのご来店を心よりお待ちしております。
お問合せはこちら(お問い合わせフォーム)




※記事公開時点での情報です。リンク先の情報が変更になっている場合があります。
※記事内の果物の品種は当店フルーツギフト、フルーツブーケに使用している果物の品種とは異なります。
※フルーツギフト、フルーツブーケに関するお問い合わせは下記からお願いいたします。


フルーツブーケ専門店プレジール
東京都渋谷区松濤1-25
制作工房: 千葉県千葉市中央区春日2-10-8 ラペール春日2F

フルーツギフト:旬の果物ならフルーツブーケ通販
お誕生日やお祝いのプレゼントにもぴったり!
フルーツブーケ専門店プレジールHP